歌詞と解説:Wrong Way Home


Wrong Way Home
作曲:ZUN
アレンジ、作詞:ふっかん

When I was a child
I had a dream
Everyhing had gone well

When I was 18
I came this town
with only cloth and guitar

There was nothing to scare
nothing to lose
but only the big ambition

but slamm'in to the wall
the name of REAL
my will bigins to diminish

Just looked ap at the blue sky
to tried to stop my tears
but they can't give me a chance to face forward again

just like a drowned man
tried so hard to grab a straw
but at last I'm standing alone

Take wrong way HOME

always played the guitar
written many song
Sang until (I) had my throat dried

I just loved music
so much I believed
never be lost by anyone

Tried to tell something
to all the people
means might be that I am here

No one could hear me
and could see me
as I was invisible

What's the thing that I wanna express by music?
the more fast I ran the more far the truth was going off
While kept going up and down stares to the glory
I've lost the way to where I've been

take wrong way HOME
I wanna go home

【対訳】
子供の頃、俺には夢があった
全てがうまくいっていた

怖いものなんて無かった失うものも無かった
あるのはデカい野望のみ

俺が18の時、服とギターだけ持ってこの街に来た
でも現実という壁にブチ当たって
俺の意志はシボみ始めたんだ・・

ただ空を見上げて涙を止めようとしたんだけど
なかなか前を向き直すチャンスを与えてくれない

溺れてる男みたいに藁を掴もうとしたけど
結局俺はここに一人で立っていた

家に帰る道を間違った

いっつもギターを鳴らしてた
曲も腐るほど書いた
喉が枯れるまで唄った

俺はただ音楽を愛してた 誰にも負けないって信じてた

世界のみんなに向かって何かを伝えようとしていた
意味は、俺はここにいるってだけだったかもしれない

でも誰も見てくれやしない
誰も聴いてはくれない
まるで自分が見えないみたいに

俺が音楽で表現したかったものはなんだろう?
速く走れば走るほど遠のいていく真実

栄光への階段を上ったり下ったりしてる間に
いつしか俺は元いた場所が分からなくなってしまった

家への道を間違えた
家に帰りたい

【解説】
Kenさんを知ってる人なら突っ込みどころしかないアレンジですはいw
夢破れた人の話ですね。

例大祭で配布予定の4、ですが、Burn my core がかなり異色だったので
今回は東方×メロコアとは、こんな感じです!ってのばっかり集めました。

そして・・・肝心のCDは・・・
まだバルクに収まってます・・・w

詰めないと・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。